妊活応援 30歳でも妊娠できる

katrinlock.net

毛穴は治せる!

不妊治療で感じたこと

私は子供が欲しかったので、結婚したいと思いました。結婚したら当たり前のように妊娠、出産と進んでいくと思っていたからです。なので、まさか20代の自分が妊活をするとは思いもしませんでした。 友達が次々に妊娠、出産していく中で妊娠しない自分に、なんだか罪悪感すら覚え始めたので、不妊治療専門の病院に行くことに。 いろんな検査をした結果、旦那には何も問題はなく、私にいくつかの病気発覚。 別の女性と結婚していたら、すぐ子供ができたかもしれないのにと、旦那に申し訳なくなり、離婚も考えたりしました。 妊活は精神的にも肉体的にも、また金銭的にも辛いものだと思います。 不妊治療をしても子供ができる保証はない。でもやっぱり女性として子供を産みたい。いろんな葛藤がありました。 残りの卵子の数が異常に少なく、30代前半で閉経すると医師に告げられ、20代後半の私に残された時間が少ないと分かり、余計に焦る私。何度泣いたことか。 そんな中不妊治療は体外受精まで進み、無事受精卵ができ、子宮に戻すことに。 妊娠の結果がでるまで毎日、着床しますようにと願いました。 妊娠判定の日、楽しみなような怖いような複雑な気持ちで病院へ。 医師から妊娠してますよと告げられた瞬間、大粒の涙がボロボロ流れ止まりませんでした。 妊活をして3年。普段の3年間ならあっという間に感じるのでしょうが、妊活の3年間は長かったです。 妊娠はできたものの、流産の可能性も高い病気の私。介護の仕事をしていたので、すぐ辞めました。 妊娠してどんどん大きくなるお腹が愛おしくて愛おしくて、妊活の辛さなんてすぐ忘れました。 無事出産し、我が子を抱くことができた今、本当に幸せを毎日感じています。 ただ、不妊治療には莫大な費用がかかりました。補助金はわずか。国がもっと不妊治療に対して理解を示し、保険適用になることを強く願います。

  • 子供を授かる喜び
  • わたしは結婚し、旦那との子供がほしいと思い、妊活をはじめました。排卵日を体温や生理日などからアプリなどで予測し、排卵日に合わせて、旦那と赤ちゃんのことを考えながら夜を過ごしていました。やはり、すぐには、できませんでしたが、3ヶ月したころに生理がこなくなり、妊娠したことがわかりました?妊活という言葉自体、つい最近できた言葉のように思いますが、赤ちゃんがほしいと思っていた気持ちを、人にも伝えやすく赤ちゃんが欲しいという人にとっては、とても使いやすい言葉で、世間にもよく知られているのように思います。妊娠してから自分の親や旦那の親に伝え、友達にも報告して、赤ちゃんがいるんだ?という気持ちがだんだんと大きくなっていきました。妊娠がわかって旦那との距離も近くなり、幸せいっぱいでした。産婦人科に行き、エコーで赤ちゃんの姿をみたときの喜び、毎回少しずつ大きくなっていく赤ちゃんの姿をみると、エコーをみながらニヤニヤが止まりませんでした。わたしは現在5ヶ月ほどで、やっと少しずつお腹が出てきました。出産については、初めての赤ちゃんなので心配なこともたくさんで不安もありますが、周りのママたちにいろいろお話をききながら、準備をしているところです。産婦人科にいきはじめて、里帰り出産があるというのも知り、自分で出産の方法や場所が選べるというのは心の状態が不安定な妊婦さんでも、安心できる点だと思います。これからもっともっとお腹もおおきくなって、生まれてくる赤ちゃんの顔を思い浮かべながら、日々を過ごしています。社会的にも女性が子供を育てながら仕事をすることも認められてきて、負担も減ってきているように思います。子供たちが生き生きと暮らしていけるような社会で、親にとっても育てやすい社会になっていくこと、していくことが、大切だと思います。

スマートフォン版